query_posts()

WordPress ループ で表示される投稿を変更するために使います。
私の場合、一番お世話になっているタグです。グローバル変数$wp_queryを書き換えてしまうので、ループの最後でリセットするのを忘れずに。
リセットをしないと、あとに続くループの挙動がおかしくなります。

※query_posts() 関数はメインの WordPress ループだけを変更するためのものです。新たなループを作るためのものではありません。メインループの他にループが必要な場合は、get_posts() を使ってください。

意外な感じがするのですが(私だけかも?)、query_posts()で固定ページもひっぱれます

位置

ループの前

引数

普段あまり使わないけれど便利なものだけピックアップします!

  • post_status…ステータス・公開状態で引っ張れます。
    例)post_status=private
    …非公開記事

その他はCodexへどうぞ。

コード記述例

基本の記述

 

 

投稿のカテゴリースラッグがaaaの記事を表示する

 

 

投稿のカテゴリースラッグがaaaまたはbbbまたはcccのとき、999個まで記事を表示する

 

 

固定ページをだす

 

 

固定ページでページング

 

 

カスタム投稿タイプ「aaa」または「bbb」でカスタムフィールドのKeyが「xyz」の記事を表示