Webサイトで使えるフォント〜font-family〜

個人的なメモ。
標準搭載フォントを並べて見た目で比較してみたくなりました。

標準搭載 ゴシック系フォント(日本語)

fonts01

Windows 8.1、OS X Mavericks(10.9)からは、游ゴシック体が標準搭載され、WinとMac両方で表示が可能となりました。

日本語フォント(Webフォントおすすめ)

fonts02

ご存知、Googleフォントの日本語フォントです。癖のない、美しい書体。これが無料というのが本当にありがたい。

欧文フォント(Webフォントおすすめ)

fonts03

どちらもGoogleフォントです。欧文もNoto Sansがきれいなのですが、個人的にはLatoの方が好きだったりします。数字の詰めや数字の形が好みです。

Webフォントは、2016年は個人的に少しずつ使うようになってきましたが、既に普通にフォントを選べる時代。デザインの自由度が高まりますね。

ただ、Webフォントを使用していると環境によっては若干表示が重かったりもするので注意。それほど気にはなりませんが、表示軽量化のために標準搭載フォントだけで仕上げるのも一興かなとも思います。