フロントページの表示あれこれ

表示設定にある「フロントページの表示」、これがどうも解りづらいので調べてみました。

最新の投稿

これを選択すると、自動的にフロントページのループに投稿が表示されるようになります。

  • 適応されるテンプレート:front-page.php ない場合は home.php
  • 適応される条件分岐タグ:is_front_page(),is_home()
  • URL:/(サイトのルート)

固定ページ

これを選択すると、任意の固定ページをフロントページとして表示させることが出来ます。

「フロントページ」だけを設定

任意の固定ページがフロントページとして表示されるようになります。ループには固定ページの内容が表示されます。

  • 適応されるテンプレート:front-page.php ない場合は page.php
  • 適応される条件分岐タグ:is_front_page()
  • URL:/(サイトのルート)

front-page.phpを置かなければpage.php(カスタムテンプレートもOK)が適応されるため、ホームを複数用意しておいて表示設定で簡単切り替え…ということも出来るわけです。

 

「投稿ページ」だけを設定

任意の固定ページがフロントページとして表示されるようになります。ループには投稿の内容が表示されます。

  • 適応されるテンプレート:home.php ない場合は index.php
  • 適応される条件分岐タグ:is_home()
  • URL:/(サイトのルート)と /example(任意のスラッグ)

…この「投稿ページ」という設定項目が実に謎でした。
せっかくの固定ページなのに、設定したとたんにテンプレートがhome.phpまたはindex,phpになってしまいます。ループに表示されるのも投稿ですし、「最新の投稿」を選ぶのと変わらないのでは?と思っていたのですが、次のような違いがあることがわかりました。

【表示される投稿に依存せずにスラッグを決められる】
たとえば「hoge」というカテゴリのアーカイブを表示させたとしても、その固定ページのスラッグが「example」ならURLは「/example」となります。(まあ、固定ページなので当たり前といえば当たり前ですが…)
その場合、サイトのフロントページと同じページがもう1つ存在する状況となります。…この状況が活用される場面はあるのでしょうか。「フロントページ」を同時設定したほうがスマートかもしれません。

【wp_list_pages()でURLを吐き出せる】
グローバルナビのひとつとして「お知らせ」とか「ブログ」を出したい、しかもwp_list_pages()で自動吐き出しにしたい!というときに実現できます。これも、「フロントページ」を同時設定したほうがスマートでしょう。

 

雑感

ぶっちゃけ「固定ページ」の「投稿ページ」設定は個人的には必要ないです(笑)
wp_list_pages()でURLを吐き出せるのは少し魅力ですが、実際の作業ではハードコードすることが多いので、あまり必要ないかな…。

 

テンプレートと条件分岐タグ対応表
最新の投稿 固定ページ
フロントページ 投稿ページ
テンプレート front-page.php front-page.php home.php
条件分岐タグ is_front_page(), is_home() is_front_page() is_home()

get_page_uri()

固定ページのスラッグを取得します。

例えば企業サイトなどで、ページ毎にイメージ画像を変えたいとき、今まで私はif文による条件分岐でハードコードしてました。これが地味に時間を食うのです。。。

例)

<h2>
<?php // この会社について
if(is_page('about')): ?>
<img src="img/about.jpg">
<?php // 製品について
elseif(is_page('product')): ?>
<img src="img/product.jpg">
<?php // お問い合わせ
elseif(is_page('contact')): ?>
<img src="img/contact.jpg">
・
・
・
<?php
endif; ?>
</h2>

この面倒くさいif文が、下記のように1行ですんでしまいます。
画像名にページスラッグを規則的に使っている場合に限定されますが。
(というか是非そのような画像名にしましょう)

 

<h2><img src="img/<?php echo get_page_uri($post->ID);?>.jpg"></h2>

 

コードは必要最小限に書くことが、解りやすさ・速さにつながるんだなーと痛感します。

is_home()とis_front_page()の違いって何?

ずっと謎だったので検証してみました。
「表示設定」で「フロントページの表示」をどう設定しているかによって
is_home()が機能したり、is_front_page()が機能したり、また両方機能したりします。
結果は…

is_front_page()とis_home()の両方機能

is_front_page()が機能

固定ページ>フロントページ

is_home()が機能

固定ページ>投稿ページ

is_home()の存在理由となっているのがこの「固定ページ」の「投稿ページ」です。何ですかこれは…。

どうやら「ブログのトップページ」ということらしいのですが、非常に理解しづらかったです。フォーラムでも熱いやりとりが交わされています

私の場合、「ブログのトップページ」は、ブログとして使うカテゴリのアーカイブページを利用するので、個人的にはいらない機能です。唯一、意味があるとすればwp_list_pages()で「ブログのトップページ」が吐き出せることでしょうか。

謎は残りますが、is_home()とis_front_page()がそれぞれどういうときに機能するのかがわかり、一応すっきりしました。

なんだか気になったのでさらに検証してみました。

関連記事

マルチブログでの条件分岐

親ブログかどうかの条件分岐タグはありますが、それだけだと不便です。
子ブログのときも、それぞれに条件分岐させたいときがあります。そんなときは、ブログIDで条件分岐させてしまいましょう。

コード記述例

<?php // ブログIDを取得し$blog_idに代入
global $current_blog;
$blog_id = $current_blog->blog_id;
// ブログIDが1のとき
if ($blog_id == 1){ ?>
<!-- ID1のブログに出したい内容 -->
<?php // ブログIDが2のとき
} else if ($blog_id == 2){ ?>
<!-- ID2のブログに出したい内容 -->
<?php } ?>

ちなみにブログIDの調べ方は、ダッシュボード上部の黒帯左側にある「参加サイト」→「サイトネットワーク管理者」→「サイト」で、「パス」にマウスオーバーすると画面下部にパスとidが表示されるので解ります。(ver.3.3.2、Macの場合)

get_the_category()

記事のカテゴリー情報を配列で返します。

※参考にさせてい頂いたサイト様:WordPress私的マニュアル

 

位置

ループ内・外

引数

なし

変数

カテゴリーID cat_ID
カテゴリー名 cat_name
カテゴリースラッグ category_nicename
カテゴリー説明文 category_description
親カテゴリーID。ない場合「0」 category_parent
カテゴリーに属する記事数 category_count

※カテゴリーに関する部分のみ抜粋

コード記述例

カテゴリ名を表示

<?php // カテゴリ名を表示
$cat = get_the_category();
$cat = $cat[0];
echo $cat->cat_name;
?>